チームレスキュー熊本支部支部長である火の国ハイツ支配人より、

熊本阿蘇の視察に関するガイドとして東海大学地震研究所の先生を紹介。

ボランティアバスでは半日かけて阿蘇の現場視察を行った。

 

 

 

 

また、連携大学である北海道北星学園大学の教授より阿蘇ユースホステル館長を紹介。

館長により震災当時、そして現在の阿蘇の様子についてお話を伺った。

 

阿蘇ユースホステルでは復興事業として被災された地域の方が出展されている。

手作りの焼き菓子・ピザつくりなどの体験教室が開かれ、子どもたちの元気な声が響いていた。

 

さらに、熊本城に訪れ現在の熊本市の様子を視察。

これからの熊本の明るい未来のために私たちに何ができるか。

それぞれに想いを巡らせた。